Our Impact - Chocolate that makes a difference

Our impact

Krakakoaの貢献

ガールフレンドへの接し方とカカオの木への接し方は似ているよ」南スマトラ・ランプ ンにある緩やかな斜面に立ったプランテーションで、カカオ農家ヤ ワントはくすくす笑っ て話しました。「上手く世話をしないと見放されてしまうからね

ヤルワントは農家の発展を願っています。20年もの間カカオの木を育て、
ほかにもコショウや唐辛子、ナツメグを育てています。年間40万トンに
及ぶインドネシアのカカオ豆生産に貢献し、コートジボワールやガーナに
次ぐ世界で第三位のカカオ生産国を支える農家の一人です。彼のような
農家が存在するにも関わらず、多くのカカオ農家が効率的な運営方法や
カカオの病気予防、その治療法といった知識に欠けているという現状が
あります。

さらに、インドネシアのカカオ産業を悩ます問題は低品質で付加価値に欠ける、というものです。世界第三位のカカオ生産国にもかかわらず、インドネシアのカカオ は他の生産国 とは比肩できない品質なのです。カカオの発酵プロセスについて教育が行き届いていないこ とがこの問題を引き起こしています。

Krakakoa(登記名:カカコア)はこの問題に取組みます。「Farmer to Bar」チョコレート メーカーとして、インドネシアのカカオ豆の質と収穫量を向上し、小規模農家の生活の質と 農業の持続可能性を改善することをミッションに掲げています。

スイスコンタクトとの連携により、Krakakoaはランプン、スマトラ、そして南スラウェシの国立公園沿いに住む約1000人の農家に研修を提供してきました。農家たちはオーガニックな農法、カカオ豆の病気の予防と治療、発酵そして保存についてを学びます。また農家た ちにカカオを育て、加工するための器具も提供します。高品質で発酵されたカカオ豆は Krakakoaが直接農家から購入します。安定した給料と、カカオ豆の積極的な質の改善や国立公園への違法侵略を防ぐためのインセンティブとして、kg当たり最大約4,500円(IDR60,000)を支払います。

ヤルワントはKrakakoaのプログラムに参加してから生活水準が改善した農家の一人です。農場の質が改善し、Krakakoaに豆を高価格で売ることで彼の家族に還元できます。またこの プログラムによって新たな友人や繋がりを創ることができるようになりました。ヤルワント に「インドネシアがカカオ生産国第三位であることを知っていますか」と聞いたところ、「いや、知らなかった。でもそれはとても誇らしいことだね、やる気が満ちてくるよ」と笑顔 で答えていました。

世界で需要が伸び続ける高品質なカカオを作るために必要な新しい知識や農具を手に入れ、ヤルワントや他のKrakakoa卒業生たちは世界の期待に応えようとしています。

A GOOD DAY SHOULD START WITH SOMETHING THAT MAKES YOU FEEL GOOD, AGREE?
× Send Message